新型コロナウイルス感染症陽性者の発生に関して

 平素は当法人の運営につきまして、格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。令和4年2月22日(火)までに入所サービスフロアーにおいて複数名の新型コロナウイルス感染症陽性者発生が判明致しました。現在判明している状況及び、施設の対応について下記の通りお知らせ致します。

・陽性者判明までの経緯

入所フロアー(4階認知症専門階・定員28名)に入所中の利用者1名が2月21日(月)夕方に発熱症状あり。隔離対応を行い、翌2月22日(火)にPCR検査実施したところ新型コロナウイルス陽性が判明。同日中に同フロアーの入所者、陽性者の介護にあたった職員のPCR検査を行ったところ更に利用者8名、介護職員6名、看護師1名の陽性が判明する。(全員無症状)

・現在の状況

コロナウイルス陽性が判明した利用者様に関しては、保健所の指示のもと陰性者との生活空間を分け、必要な感染予防策を講じて対応しています。2月26日(土)に再度該当フロアーの利用者及び職員のPCR検査を実施する予定です。

陽性が判明した職員に関しては3月4日まで保健所の指示のもと出勤停止としております。

他階入所フロアーに関しても感染拡大の点を踏まえ、当面の間は入所サービスにおいて全館入浴・リハビリ・テレビ電話面会を中止させて頂きます。※更衣交換は実施致します※

入所、ショートステイの受け入れは当面中止とさせて頂きますが、通所サービス、わかくさクラブ、訪問リハビリのサービスは通常通りの営業を継続します。

尚、感染症状況に関しては今後随時ご報告させて頂きます。

 

令和4年2月24日

介護老人保健施設べレール向島

施設長 長谷川康雄