新型コロナウイルス感染症

陽性者の発生(第1報)について

 

 平素は当法人の運営につきまして、格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

令和4年11月14日(月)までに入所サービスフロアーにおいて利用者様3名・職員1名 の新型コロナウイルス感染症陽性者発生が判明致しました。現在判明している状況及び、施設の対応について下記の通りお知らせ致します。

 

 ・陽性者判明までの経緯

・入所フロアー(4階認知症専門階 定員28名)に入所中の利用者1名が11月11日(金)夕方に発熱症状あり。隔離対応を行い、同日にPCR検査実施したところ新型コロナウイルス陽性が判明。翌11月12日(土)に同フロアーの利用者・陽性者の介護にあたった職員のPCR検査を行ったところ、新たな陽性者発生は無しであった。

・本日11月14日(月)に再度上記の入所者・職員のPCR検査を実施したところ,新たに利用者2名と職員1名のコロナウイルス陽性が判明した。

 

・現在の状況

・陽性者に関しては、保健所の指示のもと陽性者と陰性者の生活空間を分け、必要な感染予防策を講じて対応しています。今後は11月16日(水)、18日(金)に再度該当フロアーの利用者及び職員のPCR検査を実施する予定です。

・陽性が判明した職員に関しては保健所の指示のもと出勤停止としております。

・他階入所フロアーに関しても感染拡大の点を踏まえ、当面の間全館入浴を中止致します。リハビリに関しては各階で実施し、テレビ電話は実施予定です。

・通所リハビリ・わかくさクラブ・ショートステイ・訪問リハビリの各サービスは通常通り営業を継続しております。(わかくさクラブは別階にて運営しております)

・尚、今後の状況により対応が変更する場合がございます。

 

令和4年11月14日

介護老人保健施設べレール向島

施設長 長谷川 康雄